ビットフライヤーの安全性は?

取引所から、500億円近い仮想通貨が流出した事件が起こりました。
海外で起きた事件と思いきや、実は日本国内で発生したものです。
事件の当事者となった取引所は様々なサイトから「おすすめの取引所」として紹介されており、かつては国内でもトップクラスの規模を誇っていた取引所でした。
でも「大手だから安心できる」という時代は、終わっています。
ではビットフライヤーの安全性は、どうなっているのでしょうか。

まず結論から言うと、ビットフライヤーの安全性は強固なものになっています。
セキュリティにどうしても不安に感じるのならば、ビットフライヤー一択です。
理由はFWによる外部不正アクセスの防御とWAFによる監視、ログインの徹底にあります。

FW(ファイア・ウォール)とは、外からのハッキング攻撃を防御するための壁になります。
例えばビットフライヤーに眠っている仮想通貨を盗み出そうと、ハッキングしようとします。
FWがなければ壁が全くない状態になるので、侵入は可能です。
しかしFWがあると侵入しようとおもっても高い壁があるので、侵入はできません。
しかし単に壁があるだけでは、セキュリティは十分とは言えません。
そこで役に立つのが、フィルタリング機能です。
ビットフライヤーでは通過するパケットを検査し、許可したパケットだけを通すようにしています。
パケットとは謂わば情報データのことです。
ビットフライヤーが認めた情報データのみでしか、アクセスすることはできません。

ではビットフライヤーに侵入するには、深夜寝静まった時を狙えば良いのでしょうか。
答えは「NO」です。
WAF(ウェブ・アプリケーション・ワイアウォール)により、24時間365日常に関ししています。
そしてWAFでは攻撃性の高いデータが送り込まれたら、遮断する機能も兼ね備えています。
ビットフライヤーをハッキングして仮想通貨を盗み出すのは、凄腕ハッカーでも難しいでしょう。

ビットフライヤーでは、ログインに関しても徹底しています。
ビットフライヤーだけに限った話ではありませんが、取引をするにはパスワードが必要です。
でもビットフライヤーの場合、安易に想像がつくパスワードを設定するのは原則禁止です。
他にもアカウントロック機能、携帯電話やデバイスによる二段階認証も行っています。

ただしビットフライヤーの安全性が絶対的だからとは言え、”おんぶにだっこ”というのはおすすめできません。
ご自身でも仮想通貨の管理を徹底し、自身の資産を守って下さい。