ビットフライヤーの特徴

仮想通貨の取引を考えているのならば、ビットフライヤーはオススメです。
しかし「どうせどこの取引所も同じ」と、目についた取引所に登録しようと考えていないでしょうか。
一見するとどこの取引所も同じように見えるかもしれませんが、それぞれに特徴があります。
ではビットフライヤーには、どういう特徴があるのでしょうか。

まずは何と言っても、取引量・ユーザー数が他の取引所と比べると多いことです。
ビットフライヤーは、仮想通貨が世間的に知られる前から事業を始めていました。
ビットフライヤーが登場する前にも、仮想通貨を取り扱う取引所はありました。
しかし取引所は海外資本になっており、日本の会社が手がけているものではありません。
日本の会社が手がけている取引所としては、ビットフライヤーが初です。

ビットフライヤーは大企業からも出資を受けており、絶対的な信頼感もあります。
TVCMでも流れているので、一度は見たことがある方もいらっしゃるでしょう。
取り扱い通貨も多く、ビットコインを始めとする様々な仮想通貨の取引も可能です。
ただし海外の取引所と比べると取扱仮想通貨の種類は少ないものの、利益を得るには十分の種類です。

そしてビットフライヤーの代表者が、仮想通貨と深く関わっている人物であるのも特徴です。
仮想通貨は登場したばかりで、まだまだ発展途上の段階にあります。
日本に仮想通貨が知られたのも、ここ1〜2年の話です。
そこで仮想通貨がもっと使いやすく身近なものにするために、働きかけている団体があります。
その団体のトップに立っている人物こそが、ビットフライヤーの代表者です。
仮想通貨に関しては、プロの中のプロと言っても過言ではありません。
またビットフライヤーでは、ブロックチェーン技術の研究も手がけています。
研究が上手く形になれば、仮想通貨はもっと使いやすく安全なものになるでしょう。

そしてビットフライヤーの特徴を語る上で忘れてはならないのが、不正ログインによる補償サービスです。
ビットフライヤーでは絶対的なセキュリティによりシステムを管理しているものの、100%大丈夫という保証はありません。
そこで万が一のためにも、ビットフライヤーでは補償制度を設けています。
ちなみに2018年3月時点において、補償制度を設けている取引所は他にありません。

仮想通貨が今後どうなるかについては、未知数な部分はあります。
仮想通貨の未来の行方を握っている取引所こそが、ビットフライヤーなのです。