ビットフライヤーの注意点

仮想通貨の取引には、ビットフライヤーはおすすめです。
しかし少しでも油断してしまうと、痛い目に遭ってしまうので要注意です。
ではどういう点に注意して利用すれば良いのか、ビットフライヤーの注意点について取り上げます。

まず最初の注意点は、ビットフライヤーは他の取引所と比べるとスプレッドが大きくなっていることです。
スプレッドとは購入金額と、売却金額の差を指します。
差額分は販売手数料として、ビットフライヤーに支払わなければいけません。
手数料に関してはビットフライヤーのウェブページで掲載されていますが、スプレッドに関してはどこにも掲載されていません。

では実際に、ビットフライヤーでは幾らのスプレッドがかかるのでしょうか。
イーサリアムの場合、国内取引所では購入価格76,653円・売却価格75,893円で、スプレッドは760円でした。
一方ビットフライヤーの場合、購入価格76,564円・売却価格75,627円で、スプレッドは937円もかかります。
国内取引所とビットフライヤーのスプレッド差は、177円です。
「たかが177円」と思われるかも知れませんが、価格が大きい仮想通貨になると100円どころではすまされません。
ただ国内取引所の場合、平均的にスプレッドは何処も高めに設定されています。
海外取引所であれば、同じイーサリアムでもスプレッドは80円となっていました。

次に気をつけたいのは、アルトコインについてです。
ビットフライヤーの場合、ビットコインは販売所でも取引所でも取扱はあります。
しかしアルトコインの売買は、販売所のみです。
販売所では、運営会社が仮想通貨の売買を承っている所です。
チャートを読み解きタイミングを見計らう必要はないので、初心者が取引をするにはおすすめです。
また取引所が大パニックを起こしている時にも、販売所では安定した取引が約束されています。
しかし取引所と比べると価格は割高となっており、効率的であるとは言えません。
どうしてもアルトコインが欲しい時だけ、販売所を利用するようにしましょう。
一方取引所とは、運営会社ではなく仮想通貨を手にしている個人が売買を承っています。

そして最も気をつけておきたいのは、仮想通貨にまつわるリスクです。
ビットフライヤーだからではなく、どこの取引所でも言えることです。
仮想通貨の価格は常に変動しており、ある日突然手元の仮想通貨の価格が0円になることもあります。
万が一のためにも、きっちりと管理をしておくようにしましょう。