ビットフライヤーでできること

ビットフライヤーでできることは、仮想通貨の取引です。
そもそも取引所なので、「当たり前でしょう」という声があるのは百も承知です。
また販売所も手がけており、仮想通貨の売買が可能となっています。
しかしビットフライヤーでは仮想通貨の取引以外にも、できることはたくさんあります。
では一体何ができるのか、まとめてみました。

まず抑えておきたいのは、アカウントクラスです。
ビットフライヤーではアカウントクラスごとにより、できることが変わります。
アカウントクラスを上げるには課金ではなく、登録内容です。
ビットフライヤーのアカウントクラスには、ウォレットクラスとトレードクラスの2種類あります。
ウォレットクラスでは仮想通貨の預け入れ・日本円の入出金はできますが、仮想通貨を購入し売却することはできません。
トレードクラスになると仮想通貨の預け入れ・日本円の入出金はもちろん、仮想通貨の購入や売却も可能です。
ウォレットクラスからトレードクラスにアップグレードするには、本人情報の登録・本人確認書類の提出・取引目的の確認・転送不要の書留郵便の受け取りが必要です。
トレードクラスへのアップグレードに、登録料は必要ありません。
ビットフライヤーで仮想通貨の取引をと考えているのならば、トレードクラスに引き上げてからの方が良いでしょう。

またビットフライヤーでは、多くの仮想通貨の取引も可能です。
2018年3月時点において、ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコイン・リスクの7種類取り扱っています。
国内取引所だけに限定すると、平均銘柄数が4種類と考えるとかなりの数です。
今後取扱銘柄は、増えるかもしれません。
ビットフライヤーからの情報は、常にチェックしておきましょう。

もちろんビットフライヤー独自のサービスも、登録すればできるようになっています。
得た仮想通貨を世の中の役に立つために、支援団体に寄付することができます。
さらにクラウドファンディングもビットフライヤーでできるので、何かやりたいことがあれば資金を募ってみてはいかがでしょうか。

「Lightning FX」という名目で、レバレッジをかけて仮想通貨の取引もビットフライヤーであれば可能です。
上手く行けばものすごい利益を得られますが、失敗をすれば通常の仮想通貨取引よりも大きな損失を出してしまいます。
もし仮想通貨を使ってFX取引を希望するのなら、投資についてしっかり勉強してからにしましょう。